*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


路上生活者の自立を支援するビッグイシューという雑誌をご存知でしょうか?

御茶ノ水駅の近くで久しぶりにこの雑誌の販売者に出会い、購入しました。

ちなみに価格は350円。そのうち180円が販売者の収入になります。

どこかで見かけたら、ぜひ購入なさることをお勧めいたします。

それは、路上生活者の支援のためだけでなく、

この雑誌の内容がいつも素晴らしいからです。

表紙400

数ある興味深い記事の中で、今回もっとも驚いたのは、

地雷撤去に協力するねずみが存在するということ!!

nezumi400.jpg

金属探知機などで地雷のありかを見つけ出すより

はるかに早く

爆薬に含まれるトリニトロトルエンのにおいを嗅ぎ分ける力を発揮して、

人間なら4日間かかる作業を20分で完了するって!!!

まるでディズニー映画の主人公ではありませんか!!

はぁ~~~、素晴らしい、素晴らし過ぎる。

ねずみはやっぱり偉大だ~~~。

kiji 400



スポンサーサイト


「老年看護」(看護・介護で活躍する方のための専門誌)に

執筆する機会を得ました。

タイトルはペップトークで看護・介護の世界を変えようです。

       ↑クリックするとPDFにてご覧になれます

通常、発行から6ヵ月間は、データで開示しない規定だそうですが、
お願いして特別にいただきました。

出版元からの依頼は、「ホスピタリティ向上のための人財育成」でした。

ホスピタリティ向上には、働く人どうしの関係性が良いことが大前提です。

そのためには、大変な仕事をしている仲間どうし

日頃から励まし合う、肯定的な言葉がけをすることが大切・・・。

ということで、それを実現するペップトークについて紹介する内容です。


看護・介護の世界で貢献してくださっている方々に

ペップトークという素晴らしい考え方、手法ををもっとお伝えしたい。

ペップトークは、相手の気持ちに寄り添い、励ます

短く、分かりやすく、肯定的な言葉がけ。

そのコツは、実に簡単。すぐに実践できて、

しかも、あっという間に人をしあわせな気分にします。


そう編集長にお話ししたところ、出版元である日総研主催で

岡山、大阪、東京でセミナーができることになりました。

日総研セミナー

↑こちらからお申し込みお願いいたします

岡山: 8月25日(土)

大阪: 10月14日(日)

東京: 11月11日(日)です。

院外、施設外でセミナーを受講する機会がない方、ぜひお越しください!!








「人生でほんとうに大切なこと」とは、何だろう?

これが分かっていれば、生きていて迷いが少なくなるのではないだろうか・・・。

ある人の勧めでそんなタイトルの本を購入した。

人生でほんとうに大切なこと 
がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話

昨夜、著書である稲垣麻由美さん、本の中に登場する精神科医 清水研さん、

そしてこの本が出版されるきっかけを創り出した

進行性肺がん患者である千賀泰幸さん、3名のお話を聞く機会に恵まれた。


(画像は、Amazonにリンクしています)

著者 稲垣麻由美さんは、ある日友人である千賀泰幸さんから

「お別れの挨拶がしたいから会いたい」と呼び出された。

そして、自身ががん患者となったこと、5年生存率は5パーセント。

そしてこの話を本にして出版したいと言われた。

ふたりにひとりが罹患するという今、がん患者は、めずらしくない。

そのような本を出版しても・・・と否定的であったという。

しかし、千賀さんから「自分をカウンセリングしてくれる清水研 医師について聞かされ、、一度会ってほしい」と言われ、

会った瞬間、ああ、この人と患者さんがどう関わっているのか

書こうと、一目惚れしたことが始まり。


いっきに読んでしまうには、あまりにもったいない本である。

一話ずつ味わいたい。

そして、がんになった絶望が実は、人生の新しい扉を開くことになる、

ショック、絶望から・・・・そのプロセスを目撃することになる。


著者 稲垣麻由美さんは、はじめから「悲しく辛い本は出版しても意味がない、

そんな本は誰も読みたくないだろう」と考え、

読んだ後、明るくなれる本にしたいという思いで取り組んだそうである。


清水研 医師がカウンセリングする場の後ろに同席させてもらい

その様子を1年半取材したという。

清水医師と患者さんの対話、

患者さんが「〇〇〇〇〇〇で辛いんです」と言ったら、

聴いている人は、「「〇〇〇〇〇〇で辛いんですね」と言ってしまいそうであるが、

清水医師は、そうは応えない。

ぜひそこを多くの方に読んでほしい。

人と人のつながりがこのように希望を生み出すことが素晴らしい。






ペップトークを学んだ方は、ピンと来ましたね!!

今、テレビで放映されているコカ・コーラのCMこそ、

ペップトークです!!




未来ある若者の心が踏みにじられた日大アメフト問題・・・

権力者には逆らえない、圧力、暴言、暴力、

盲目的に従ってしまう・・・、

教育の本来の目的を忘れている・・・

など、現代日本の問題が表れています。

5月28日(月)の夜にNHK Eテレ 時論公論では、

刈屋富士雄 解説委員が分かりやすくこの問題点を

説明していました。

解決策のひとつとして、ペップトークが紹介されました。



NHK時論公論




湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

Author:湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)
マナーセンス 代表

マナーは思いやり、
センスは意義、

思いやりの意義を考える
場を創ります。

サービスプロフェッショナル
コーチ:

サービスを職業とする方の
心技体を高めるお手伝いを
します。

20代後半~60代の
プロのための
学びを提供しています。